コンテントヘッダー

花粉シーズン突入

昨日は1日中突風が吹き、夜中も屋根が吹き飛ばされそうな風が吹き荒れていました
その影響なのか、夜中から鼻水がズルズル くしゃみの連発
今朝から目もかゆい  本格的に花粉が飛び始めましたね…

毎年使用している花粉症用点鼻薬や目薬を、処方されるまま使用していたけれど、これらはステロイド薬。
今朝の新聞に「ステロイド薬」について記事がありました。

「ステロイド薬は、腎臓の上にある副腎とうい臓器が作るホルモンを、人工的に合成したもので
たくさんの種類があるのですが、外敵から体を守る免疫や炎症にかかわる白血球などの働きを抑える効果は共通しています。スギ花粉症などのアレルギーは、免疫システムが過剰に働いてしまい、炎症を起こしている状態なので、ステロイドでよくなるわけなのです。」

なるほど… しかし、東京大学医科学研究所の田中准教授は「効果と副作用を切り離すのは今のところ難しい」とおっしゃっている。

副作用の軽い症状として
顔が丸くなる(満月顔)、毛深くなる、皮下出血、肥満…

重いものとして
白内障・緑内障、精神症状(抑うつ)、感染症の誘発…


点鼻薬や軟膏、吸入薬などは、ステロイドを局所にとどめることで、副作用をさけている一方、飲み薬や注射は血液で運ばれ全身に行き渡る。「花粉症が一発で治る」という触れ込みの注射がありますが、ステロイドを筋肉にも長くとどまらせることになり、副作用のリスクが高く、起きても措置がとれないため、アレルギーの専門医は薦めていないらしいです。

辛い症状でも、点鼻薬などでコツコツ症状を抑えるのがベストですね。
やはり、何事にも「一発で~できる!!」なんて無いようです…

大好きな洋裁も同じ。一発では出来ません。
去年から、手を止めながら(違う作品を縫いたくなる事もあり)少しずつ縫い進めていたブラウスが出来上がりました。


ボーブラウス

ちょっとレトロな雰囲気の、ボーブラウス。
襟ぐりにシフォンのリボンを縫いつけてみました。
袖にも同じ生地を使用。とてもオリジナルな感じに仕上がりました。
袖口は少しフリルをだしてエレガントに

ようやく仕上がってほっと一息…


くしゃみ鼻水にも負けず、また新しい作品に取り掛かろう

花粉症の皆さん、ステロイド薬だけに頼らずハーブやアロマ、べにふうき茶などの自然のパワーも利用して辛い症状を乗り切りましょう
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

素敵なブラウス出来上がりましたね~v-424
世界に一つですよv-353v-353
愛娘ちゃんからのプレゼントも世界に一つv-344
やっぱり手作りっていいですねv-398

だんだん暖かくなってきて気持ちがいい日もありますが、この時期は気温差が激しいですから体調崩さないようにお気を付けくださいね~e-465
プロフィール

美和

Author:美和
埼玉県在住 
幼少時代から洋裁好き。
テーブルコーディネーターを経て本格的に洋裁に取り組んでいる。
1女の母。 

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー+最終更新日
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR